骨粗鬆症はサプリメントで解消する|栄養分をしっかり吸収

骨の健康を守るなら

笑顔の婦人

骨粗鬆症は骨がもろくなる病気で女性ホルモンの分泌の低下やダイエット、病気などの影響で起こります。進行を抑えるためには骨の健康に役立つ栄養素、成分をしっかり摂ることが大切です。食事に気をつけることはもちろんサプリメントも上手に活用しましょう。

もっと読む

丈夫な骨を目指すには

サプリメント

骨粗鬆症は、骨密度が弱くなるために転倒や骨折を起こしてしまう症状です。高齢者に多い症状で、骨折をしてしまうことで寝たきりになる人も少なくありません。年を取っても元気に体を動かすには、骨の栄養となるサプリメントを上手に補っていくことも効果が大きいです。

もっと読む

骨がもろくなることを防止

栄養補助食品

体への吸収率

骨粗鬆症とは、骨の構成成分のカルシウムが減ることで、骨がもろくなった状態のことです。これにより、足腰の痛みが生じやすくなりますし、骨にヒビが入ったり折れたりするリスクも高くなります。カルシウムが減ることが原因ですから、骨粗鬆症はサプリメントでカルシウムを積極的に摂取することで、予防が可能になります。もちろんサプリメントでなくても、たとえば牛乳などを飲むことでも摂取は可能です。しかしこの場合は、カルシウムが吸収される前に、体が牛乳を飲み物として処理してしまうことがあります。そのため摂取したとしても骨には十分に届けられないのですが、サプリメントならしっかりと体内に吸収されます。その分、骨の構成成分として使われやすく、骨粗鬆症の予防効果が出やすいのです。

女性ホルモンの働き

40代以降の女性は、特に骨粗鬆症になりやすいです。なぜなら女性の体では、40代に入った頃から、女性ホルモンの分泌量が減少していくからです。女性ホルモンは、カルシウムを体に吸収させるためにも働いています。そのため分泌量が少なくなれば、カルシウムは吸収されにくくなり、骨粗鬆症のリスクが高まることになるのです。したがって、40代以降の女性が骨粗鬆症を防ぐためには、カルシウムのサプリメントを飲むだけでなく、女性ホルモンの働きを高めることも必要となります。そしてそのために飲まれているのが、イソフラボンのサプリメントです。イソフラボンは、体内で女性ホルモンと同じ働きをするので、摂取すればカルシウムは、女性ホルモンがしっかりと働いている場合と同じように、体に吸収されやすくなるのです。

カルシウムの摂取

シニア女性

骨粗鬆症は、カルシウムのサプリメントにより予防が可能となります。サプリメントには、カルシウムの吸収率を高めるビタミンDや、カルシウムが骨から溶け出すことを防ぐマグネシウムが配合されているので、食事でカルシウムのみを摂取するより効果的なのです。また運動をしたり日光を浴びたりすることも、予防に有効です。

もっと読む